藤田観光株式会社

沿革

藤田観光は1869創業の藤田財閥をルーツとし、1955年、藤田興業の観光部門が分離・独立して設立されました。初代社長の小川栄一は、「戦争で傷ついた人びと、これから日本の再建に尽くす人びとに、安くて、健全で、楽しい憩いの場を提供すること」を念願とし、それには「これまで一部の階級に所有されていた邸宅・別荘・庭園等を、多くの人びとが利用できるようにすることこそ社会的事業である」と確信しました。この考えから、ルーツである藤田家の邸宅・庭園をホテルおよびレストランとして営業することを手始めに観光事業を興しました。

年表

  1. 1869年~1954年

    1869年

    藤田伝三郎翁、藤田伝三郎商社を創業

    1881年

    藤田組に改組

    1893年

    合名会社藤田組設立

    1945年

    藤田鉱業(株)設立
    (株)藤田組より同和鉱業(株)に改称

    1948年

    箱根小涌園開業
    藤田鉱業(株)より藤田興業(株)に改称
    (後、昭和32年に同和鉱業(株)に合併)

    開業当時の小涌園

    開業当時の小涌園

    1949年

    箱根小涌園に第1号温泉噴出

    1952年

    椿山荘開業

    椿山荘

    椿山荘

    1954年

    伊東小涌園開業

  1. 会社情報

    1. ごあいさつ
    2. 企業理念
    3. 会社概要
    4. 事業情報
    5. 役員一覧
    6. 沿革
    7. 文化財・歴史的建造物
  2. 施設情報

    1. 全社施設
    2. 四季が楽しめる庭園
    3. テーマルーム
    4. 多彩な温泉
    5. 新規施設紹介
  3. 株主・投資家情報

    1. 経営方針
    2. 業績・財務情報
    3. IRライブラリー
    4. IRイベント
    5. 株式情報
    6. 個人投資家の皆様へ
  4. CSR

    1. トップページ
    2. 地域・社会貢献に関する取り組み
    3. 環境に関する取り組み
    4. 文化財・歴史的建造物の保全
    5. 従業員に対する取り組み
  5. 採用情報

    1. 新卒採用情報