社長メッセージ

藤田観光の歩み

創業以来変わらぬ想いを礎に
事業を通じて社会に
貢献し続ける企業を目指す

当社の起源は、1869年に山口県・萩出身の藤田傳三郎が大阪で興した藤田伝三郎商社まで遡ります。以降、同社は鉱山事業へ進出するなど大正初期には大手財閥と肩を並べるほど成長を遂げます。その後、不動産業・鉄道業・観光業を分離独立させた藤田興業株式会社を設立、初代社長は、後の藤田観光創業者である小川栄一が就任しました。

小川は、一部の特権階級が所有していた別荘や邸宅を大衆の憩いの場として活用することが、これからの経営者が進むべき社会的事業であると考え藤田家から譲り受けた土地や建物を活用し「箱根小涌園」「椿山荘(現:ホテル椿山荘 東京)」を開業しました。

観光事業の基礎が固まるなか1955年、藤田興業株式会社全額出資により藤田観光株式会社が設立。その後、時代の変化やニーズに応じた斬新的な取組みを行ってまいりました。従来、自宅で挙げていた結婚式を専門式場で行う現在の婚礼スタイルの確立や、客室にユニットバスを取り入れプライベートを充足させたビジネスホテルをチェーン展開するなど、様々なビジネスモデルを築き上げてきました。こうした先駆的な取り組みの礎になっているのは、私たちが掲げる社是に他なりません。私たちは“健全な憩いの場と温かいサービスを提供することによって、潤いのある豊かな社会の実現に貢献する”という社是を胸に留め、事業を通じて社会に貢献する企業活動をこれまで以上に押し進めていきます。

現在、当社はラグジュアリーホテルの「ホテル椿山荘東京」、宿泊特化型の「ワシントンホテル」「ホテルグレイスリー」、リゾートホテルの「小涌園」など幅広い分野のホテルを運営。加えて結婚式場、レストラン、温泉施設、ゴルフ場、水族館など複合的な事業を全国約70の拠点に展開し、業界内で例のない独自のポジションを確立しています。

マーケットの動向と藤田観光の動き

多様化するお客様の嗜好を捉え
先駆的かつユニークなサービスを
創出し続ける

マーケットに目を向けると、円安の進行や株価の上昇、さらには国策の一つとして“観光立国”が掲げられたことなどを受け、冷え込んでいた市場に光が差しはじめました。事実、訪日外国人数は2016年には、2,400万人を突破するなど大きな伸びを見せています。その一方で、個人の嗜好の多様化が加速的に進 み、画一的なサービスが通用しない時代となりました。こうした現状に対して、いかに良質な答えを出し続けるかが今、問われています。

当社は、1992年にラグジュアリーホテルの世界的名門、フォーシーズンズホテル&リゾーツ社との業務提携を業界に先駆けて行いました。しかし、昨今は外資系ラグジュアリーホテルの存在そのものがめずらしくない時代です。いかにしてサービスの差別化を図っていくかが課題となってきました。2013年1月 同社との契約を解消し、ホテル椿山荘東京として、独自の道を切り拓き歩み始めました。お陰様で、多くのお客さまの支持を賜り、世界の一流のホスピタリティを格付けする「フォーブス・トラベルガイド2016」にて、ホテル部門・スパ部門で4つ星を獲得、「ミシュランガイド東京2016」でも、継続して最上位の5レッドパビリオンの評価をいただいております。

また、2015年には、新宿コマ劇跡地にホテルグレイスリー新宿を開業。2016年には沖縄と京都にも新たなホテルを開業しました。こうした施設に共通して言えることは、従来のサービスに加えて、多様化するお客様の嗜好を捉えた仕掛けを施していることです。分かりやすい例として、ビジネスホテルを、観光やレジャー、ショッピング目的で利用されるお客さまにも快適にご利用いただけるよう配慮した空間設計や、ウィークデイはビジネス層向け、ウィークエンドは観光レジャー層向けといった柔軟な受け入れ体制の強化などが挙げられます。

また、海外での展開については、上海、ソウル、台北、ジャカルタ、バンコクに拠点を設けました。高まりをみせるインバウンドの取り込みを強化すべく、これらの周辺国を含む東南アジア各国におけるアウトバウンドの検討も含め海外における競争力の強化を推し進めています。

こうした取り組みは、私たちの挑戦の一部に過ぎません。先人たちがそうしてきたように攻めの姿勢を貫き、未来の業界標準に育つような新たなサービスの創出にこれまで以上に取り組んで参ります。

藤田観光の強み

歴史に育まれ、
磨かれたハードとソフト

藤田観光の強みを紐解くキーワードの一つは、“歴史”です。まず、歴史的価値の高い資産を保有していること。これ自体が私たちの競争力となっています。椿山荘しかり、太閤園しかり、箱根小涌園しかり、長い歴史の中で文化的な価値を帯びた資産を守り抜き、磨き上げてきた歴史が、時代を超えて愛されるハード面の強みを生み出した理由と言えるでしょう。また、ソフト面の強みも同様に歴史なしでは語れません。事業を通じて社会に貢献するという社是のもと、半世紀以上の長い年月を掛けて醸成された人材と、その中に宿る“おもてなし”のDNAや経験値、ノウハウは、当社の強みであると同時に、財産であり、次世代に受け継いでいかなければならないものです。

会社は何のために存在するのか?誰のためにあるのか?といった議論がありますが、当社の場合は、社会のためにあるべきだということが明確に社是に盛り込まれています。つまりは、社会に必要とされ、役に立ち続けることが私たちの存在意義なのです。さらに言うと、社是から派生して生まれた“いつも、ありがとうのいちばん近くに。”という“オール藤田ホスピタリティマインド”は、全従業員の心のよりどころになっています。目の前のお客様に何ができるか?そして、自分がどうあるべきかの道しるべとして、私たちの行動原理を示しています。

言うなれば、私たちにとってのお客様の評価は、業績の縮図です。お客様にご評価いただければ、自ずと業績は良くなりますし、その逆もしかりです。さらに言えば、お客様の評価は一人の努力で成り立つものではありません。料理が良くても、接客が駄目なら評価されないのが私たちの世界です。一人ひとりがそれぞれの役目を果し、“チーム”として良質のサービスを提供して、はじめてお客様の“ありがとう”にたどり着くのです。私たちのビジネスは、華やかな職種が目立つ傾向がありますが、お客様の目に触れないような地道な仕事も含めて、すべてがひとつの“チーム”として機能しなければ、お客様にご満足いただくことは叶いません。仕事に軽重はなく、どれか一つ欠けても成り立たないのです。この事実と、私たちが持つべき気概を“いつも、ありがとうのいちばん近くに。”という言葉は、みごとに明示していると思います。

人材論

多様な仕事を通じて
新たな自分の可能性とキャリアを
模索してほしい

社長に就任後、全国のさまざまな施設を見てまわる中で強く感じたことがあります。それは、当社の社員にはお客様本位の考えが根付いており、お客様のご要望に愚直かつ真摯に応えようとする姿勢が身に付いているということです。事実、お客様が困っていらっしゃる時は、随所で抜群のパフォーマンスを発揮していました。しかし、その思考が身に付きすぎているのかなとも感じました。つまりは、相手を慮るあまり、自分の主張を抑制しているのではないかと・・・。新しいものをつくり上げるDNAは根付いており、それを可能にする力を潜在的に皆が有しています。それは、先駆的なビジネスや、ユニークな事業展開をしてきた歴史が証明しています。だからこそ経営者としては、お客様本位に加えて、自己主張もできる企業文化づくりに、これまで以上に注力していかなければならないと考えています。

さらに言えば、藤田観光には、宴会営業・ブライダルコーディネーター・調理・ソムリエ・施設管理・造園・経理・財務・・・など、多様な職種が存在します。それら各職種の技量は高い水準にあり、教育体系も整っています。ただし、いかに個々の能力が優れていても、組織として上手く機能しなければ良質のサー ビスが生まれないのは先に述べたとおりです。今後は、個々の主張が飛び交う環境づくりと並行して、ヒトやチームに影響力を行使する力、すなわちリーダーシップやマネジメント力を高めていくことにも力を入れていきます。

私たちはメーカーではありません。モノではなくヒトが成すサービスの価値が、企業価値に反映されます。つまり、ES(従業員満足度)がサービスの質に直結し、ひいてはCS(顧客満足度)につながるのです。従業員が働きがいを持って職務をまっとうできるような職場づくり、環境づくりも、私たち経営層の責務です。幸いにして、従業員の多くが仕事に誇りを持ち、時に苦しみながらも楽しんで仕事に臨んでいるように感じています。私たちはそれを後押しできるよう、適材適所に努め、各人の長所が伸びるような人材育成を行っていきます。

最後になりますが、藤田観光は、どんな仕事にもチャレンジできる会社です。事業を通じて社会に貢献できるのであれば、その手法や方法論に制限を設けていないとも言えます。最近の例を挙げると、昨年の株主総会で“建築業”を定款に加えたことで、一級建築士の資格が弊社で取れるようになりました。これは、歴史ある建造物の管理や、今後の新たな施設建設計画に、会社としてより積極的に対応していくためです。このように、社会やお客様に必要なものであれば、垣根を設けず取り入れていくのが藤田観光です。藤田観光ならきっと幅広い業務を通じて、学生時代には思いもよらなかった新たなキャリアを見つけられるでしょう。

必要なのは、何にでも挑戦したいと思う気概と、あらゆるものに興味を持つ好奇心です。それが、皆さんのキャリアを豊かにする原動力になります。藤田観光にある多様な仕事にチャレンジしながら、新しい自分の可能性を見つけて欲しいと思います。

皆さんとともに働ける日が来ることを心より楽しみにしています。

PAGE TOP
PAGE TOP