藤田観光株式会社

経営方針

トップメッセージ

株主の皆さまへ

株主の皆さまには、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。


上期を振り返ってください

代表取締役社 瀬川 章

日本政府観光局(JNTO)によると、2017年上期の訪日外国人数累計は、前年同期比17.4%増の約1,375万人と過去最高となりました。当社グループでも訪日外国人の集客が堅調に推移し、延べ宿泊者数は26.5%増の約82万人となり、なかでも誘客を強化している訪日外国人の個人客(FIT)が約8割を占める結果となりました。一方で、一人当たりの消費額や国内宿泊需要が日本全体で前年比マイナス推移となっていることに加え、新規ホテル開業のさらなる加速など競争は激化しております。特に首都圏において客室単価の上げ止まり感が出始めていることから、一層の差別化戦略の強化が課題と認識しております。

このような事業環境のなか、上期の業績は、大規模改修を終えた「新宿ワシントンホテル」、昨年開業した「ホテルグレイスリー那覇」「ホテルグレイスリー京都三条 北館」が通年稼働したWHG事業が牽引し、連結決算で売上高は前年同期比15億9千万円の増収、営業利益は5億9千万円の増益、経常利益は6億8千万円の増益となり、2008年以来9年ぶりに経常利益で上期の黒字化を達成いたしました。新規展開につきましては、4月20日に中期経営計画最大の投資額となる「箱根小涌園 天悠」を開業いたしました。今後のリゾート事業の中核を担う施設として、従来の箱根小涌園で提供してきた団体向けのサービスから、国内外の個人のお客さまへより付加価値の高いサービスを提供するビジネスモデルへと転換を図っております。また、5月に「ホテルグレイスリー京都三条 南館」を開業し、昨年開業した北館とあわせて225室の受客体制が整い、訪日外国人の誘客にも寄与しております。さらに、5月より北九州市のゲストハウス(邸宅風)ウェディング2施設の運営を開始いたしました 。

下期の取り組みについて教えてください

WHG事業では、10月末にフランチャイズ出店として、「木更津ワシントンホテル」を開業いたします。中期経営計画に掲げた3,000室増加に対し、2018年秋に開業することを発表した「ホテルグレイスリー浅草(仮称)」を含め、現時点で75%の達成状況となりました。今後も好条件の案件探索を継続するとともに、スマートフォン向け予約アプリの機能充実や、AI(人工知 能)を活用した問合せシステムの導入などにより、お客さまの利便性向上と業務効率化を追求してまいります。リゾート事業では、来年1月の営業終了を発表した「箱根ホテル小涌園」において営業範囲を縮小する計画でしたが、想定以上に需要が高まっており、稼働をあげて営業する方針といたしました。秋以降にはこれまでご愛顧いただきましたお客さまへのフェアウェルキャンペーンを計画しており、「箱根ホテル小涌園」営業終了後には引き続き「箱根小涌園 天悠」をご利用いただくよう誘客に繋げてまいります。このような状況も踏まえ、「箱根小涌園 天悠」は当初計画よりも稼働を抑えてアッパーミドル層のお客さまに向けた付加価値の高いサービス提供に注力してまいります。ラグジュアリー&バンケット事業の「ホテル椿山荘東京」では、海外での販路拡大のため、7月末より独立系ホテルブランドの世界最大ネットワークである「Preferred Hotels &Resorts」のラグジュアリーカテゴリーに加盟いたしました。全世界の富裕層会員に向けた告知効果や、世界40都市に展開するセールス拠点の活用により、海外からの宿泊やMICEの獲得を進めてまいります。

中期経営計画も3年目となり、WHG事業の牽引によって現在まで計画を上回る状況で推移してきた一方で、リゾート事業、ラグジュアリー&バンケット事業では新規展開施策での遅れなどにより、計画との差異が生じております。付加価値を高めることによる収益性向上やFITの取り込みといった施策の方向性に変更はありませんが、現状を踏まえた上で2018年2月を目途に計画数値などを見直す予定です。

株主の皆さまには、今後ともより一層のご支援・ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

>>中期経営計画「FUJITA PREMIUM VALUE CREATION 2015」について詳細はこちら[PDF]

藤田観光株式会社 代表取締役社長
瀬川 章

現在の株価現在の株価 シェアードリサーチの当社分析レポート

今後のIRスケジュール

2月13日
2017年12月期 決算発表

現在の株価

株主優待予約

シェアードリサーチの当社分析レポート

今後のIRスケジュール

2月13日
2017年12月期 決算発表

最新IR資料

2017年12月期 第3四半期報告書提出
2017年12月期 第3四半期決算短信
第85期 中間事業報告書
2017年12月期 第2四半期決算説明会資料
2016年12月期 統合報告書
中期経営計画について(2015年~2019年)

IR資料一括ダウンロード