レストランサービス

SCROLL

興味を持ち自ら学び 知識の幅を広げる

お客様から情報を引き出し、それぞれに合った最適なサービスを

私は、2013年に入社後、ロビーラウンジ「ル・ジャルダン」にて約3年間勤務し、昨年の5月より、ホテル椿山荘東京内のレストラン、日本料理「みゆき」で働いています。ホステス業務を担当しており、予約台帳の作成、電話での応対、キャッシャーでの会計、お客様のご案内などを行っています。そのすべてにおいて、「正確性」と「迅速性」が求められます。

円滑なサービスが行えるよう、予約内容を事前に精査し、その情報共有を心掛けています。例えば、予約を承る際に、会食の趣旨やお客様の嗜好といった情報をどれだけ引き出せるかで、当日のご提案できる最適なサービスの幅が広がります。ご家族でのお祝い事の際は、ホールケーキや花束を手配したり、メッセージ入りのチョコレートプレートをサプライズでご用意したり、接待でのご利用の場合は料理をお出しする順番やタイミング、会計の方法などにも細心の注意を払ったりとお客様によって様々です。リピーターのお客様は、会員情報や過去のご利用内容も確認します。こうした思考を巡らせ、事前に準備することで、結果としてお客様のニーズに合ったおもてなしができ、「ありがとう」と言っていただけた時にやりがいを感じます。

「みゆき」に配属された当初は、和食の知識もなく、ご高齢のお客様や接待でご利用のお客様ともスムーズにコミュニケーションがとれず、不安や戸惑いばかりの日々でした。知識不足によりお客様からお叱りを受けたこともあり、落ち込むこともありました。しかし、このままではいけないと一念発起。料理の知識を少しでも身につけようと思い、和食検定に挑戦し1級の試験に合格しました。その間、業務の基本的な流れを学びながら、和服の着付けにも慣れ、自分の中に少しずつ自信が芽生えてきました。

繁忙期の忙しい中でもモチベーションを維持できるのは、尊敬できる女将の存在があります。和食や接客について詳しいのはもちろん、お子様連れに優しくお声掛けしたりときめ細やかにお客様に対応します。また、予約が少ない日は、インターネットでの予約の席を増やすなど、営業面の目配りも怠りません。しかも多忙な中で、スタッフ一人ひとりをしっかり見て、経験に基づいたアドバイスや指導をしてくれます。一緒に働いていて、気が引き締まり、毎日勉強になります。そんな方に出会えたことを幸せに思っています。

自分の強みを手に入れ、自分にしかできないサービスを提案

入社後、最初に配属されたのは、ホテル椿山荘東京のロビーラウンジ「ル・ジャルダン」です。日本でのアフタヌーンティーの先駆け的存在で、季節毎に様々な紅茶を扱い、週末の繁忙期には数時間待ちにもなる、アフタヌーンティーが人気のラウンジです。最初は、ドリンクを作ったり、デザートを盛り付けたり、店内の清掃などのバックヤード業務からのスタートでした。その間、紅茶のテイスティングをしながら産地やそれぞれの特徴を覚え、紅茶の茶葉も含めた発注業務全般を行うようになりました。

次第に紅茶の魅力にはまり、紅茶のセミナーや、他のホテルのアフタヌーンティーに行ったり、紅茶に関する本を読んだりと、自分で勉強を始めました。2年目にはティーマスターシルバーの試験を受けて合格。自分でも自信がつき、その後は、紅茶に関しては仕入れやメニューなど一任してもらえるようになりました。アフタヌーンティーのイベントを開催した際は、講師としてお客様の前に立ち、紅茶のおいしい入れ方について説明しました。さらに、3年目には店頭販売用のティーバック商品も手がけました。デザインについて他部署の方や、価格など紅茶のメーカーの方と何度も何度もやりとりをして、半年以上かけて商品化できました。お客様に好評で、店頭販売商品の売上アップを実現したときは感慨もひとしおでした。そして、「自分の強みを活かして、お客様にホテルでの空間やサービスを楽しんでいただく」醍醐味を知る経験にもなりました。

藤田観光では、全社規模で行われる「技能コンクール」があります。部門毎に日ごろの成果を披露する大会なのですが、これまで「手話部門」や「スピーチ(英語)」部門に出場しました。他の出場者との交流を通じて刺激を受け、通常の仕事の枠を超えた、自分のスキルを磨く良い機会になりました。将来の目標は、ホテル椿山荘東京の魅力、日本の魅力をもっとより多くの海外のお客様に知ってもらえる仕事をすることです。配属されたそれぞれの部署で新しい自分の強みを手に入れることは、自分の糧となり、きっとその目標達成に役立つと信じています。

日本料理 みゆき
レストラン課の仕事

ホテル椿山荘東京内の日本料理 「みゆき」は、旬の食材に彩られた伝統と今様を融合した日本料理を、お客様に提供している和食のメインダイニングです。レストラン席だけでなく、5つの個室や、お寿司や鉄板焼きのカウンターもあり、朝食から遅めのレイトディナーまで幅広く対応しています。ご宿泊のお客様はもちろん、3世代でのご家族のご利用や、気の置けない友人同士でのお祝い、海外の方を招いての接待など様々なお客様にご利用いただいております。レストラン課は、レストラン内での接客、受付での予約受付、会計、ご案内および店舗運営を担っています。

1日の仕事の流れ(平日の場合)

  • 12:00

    出社、予約状況の確認、引き継ぎ、お客様のご案内

  • 13:30

    会計、電話応対、メールチェック、ネット予約の処理

  • 14:30

    ランチ2回転目のご案内、ランチのラストオーダー

  • 17:00

    ブリーフィング、夜の予約状況の確認、必要事項の伝達

  • 18:00

    翌日、翌々日の予約台帳の作成及びチェック

  • 20:30

    ディナーのラストオーダー、引き継ぎ後退社

キャリア

  • 2013年 4月

    藤田観光に入社

    3ヶ月間のバックヤードの研修で、ホテルの仕組みを学ぶと共に、同期の絆を深める

  • 2013年 7月

    ホテル椿山荘東京 レストラン課 ロビーラウンジ「ル・ジャルダン」に配属

    毎日多くのお客様が訪れるロビーラウンジで接客を学び、アフタヌーンティー・紅茶の魅力を知る

  • 2016年 5月

    ホテル椿山荘東京 レストラン課 日本料理 「みゆき」に配属

    あらためて、世界をもてなす日本のおもてなしの良さに気づく
    ホステス業務を行いながら、和食の知識を学び、和食検定(基本レベル1級)を取得

トピック

広大な日本庭園

ホテル椿山荘東京と太閤園には、都会の真ん中とは思えないほど広大な日本庭園があります。四季折々姿を変える、その風景は何にも変えがたいものです。多忙な業務の中でも、庭園の風景を眺めると心が癒され、リフレッシュすることができます。この日本庭園はホテル椿山荘東京と太閤園がもつ「非日常」の一つです。

PAGE TOP
PAGE TOP