ホテル・開業準備

SCROLL

WHG事業グループ企画チームの仕事

情報は自分の目で確かめる

現在私は、2019年開業予定の「ホテルタビノス」という訪日外国人向けの新業態ホテルの開業担当を務めており、2017年より新たなホテルのコンセプト立案からターゲットの定義、日々変遷するトレンドをつかむための市場調査、社内外の関係各所との交渉まで、ホテルづくりのための様々な業務に携わっています。業務を通して痛感していることは、新しいホテルを0からつくり上げることの難しさ。特に近年はニーズの多様化がめまぐるしく、「ホテルとはこうあるべき」といった固定観念を覆し、時代のニーズに合わせたブランディングをしなければなりません。「モノ消費からコト消費」へと人々の関心が移りゆくなかで、世界各国から訪れるお客様が心に残るホテルブランドを確立し、運営していくことが私のミッションです。

では、心に残るホテルをつくるためには何をすべきか。その答えは一つではありませんが、「自分の目で確かめてみる」ことが非常に大切であると考えています。テレビや新聞、インターネットはもちろん大切な情報源ではありますが、一番信頼できるのは自分の目。マーケティングも兼ねて同僚とともに様々な地域・価格帯のホテルに何度も足を運び、そこに滞在する人々が「どのように行動しているのか」「何を求めているのか」という活きた生の情報をこの目で観察し、新ホテルのブランディングに落とし込んでいきました。実際に自ら見聞きした情報があったからこそ、社内周知の際の説得力も増し、関係各所との折衝も順調に運んだように思います。開業後は総支配人としてホテルの運営に携わりますが、やはり自分の目で見ることは続けたいと考えています。「ミレニアル世代の外国人旅行者はコト消費、体験を好む」「この地域に泊まる旅行者は、観光がメインだからホテル滞在時間が短い」といった具体的な情報の数々は、現場にしかないもの。皆を牽引する立場の総支配人だからこそ積極的に現場へと赴き、そこで得た鮮度の高い情報をスタッフたちと共有しながら一丸となって、多くのお客様に支持されるホテルを生み育てていきたいと考えています。

挑戦を続けるからこそ
新しいホテルが生まれる

入社してから長い月日が経ちましたが、常日頃から意識しているのは「何か新しいことはできないか」と考え、実践することです。藤田観光はホテル椿山荘東京をはじめとした歴史と伝統のある数多くの施設を有しておりますが、時代のニーズに合わせた事業展開を繰り返してきた企業でもあります。ホテルタビノスはインバウンド需要が増える中で、そうした挑戦の流れを汲んだホテルといえます。たとえば、ホテルタビノスでは、日本文化を発信するためにマンガをモチーフとした空間デザインを取り入れていますが、これは伝統からはかけ離れた取り組みといえます。しかし、こういったユニークな試みであっても、「やってみよう」と勇気あるGOサインを出してくれる会社です。今までのキャリアで多く経験を積んできましたが、こうして新ホテルの開業に携われていることは、仕事の中でも大きなやりがいの一つです。一方で、仕事を進めていく過程では、上司・部下・社外など極力色々な人の意見を聞くようにしています。なぜなら、新しい発見は、自分と違う意見を受け入れた先にあることが多いためです。ホテルタビノスの場合は、ミレニアル世代(2000年代以降に成人した世代)をターゲットにしていることもあり、若手の意見を積極的に取り入れながらプロジェクトを進めています。

改めて思うのは、こうしてホテルタビノスの開業に携わることができたのも、藤田観光が時代のニーズに合わせて様々なブランドを確立し、チャレンジする機会を与えてくれているからではないかと思います。しかし私にとって、ホテルタビノスを開業させることは通過点でありゴールではありません。総支配人としてホテルタビノスを心に残るホテルとして発展させられるよう、皆とともに挑戦を続けていきたいと考えています。

WHG事業グループ
企画チームの仕事

WHG事業グループにおける新ブランドのホテル開業に向けて、ホテルのブランディングや運営体制の構築、マーケティングなどを行います。お客様にご満足いただけるホテルを目指すことはもちろんですが、仕事を効率化し、低コスト・高利益のホテル運営を目指すことも重要です。

1日の仕事の流れ

  • 09:00

    本社に出社、メールと本日のスケジュールを確認

  • 10:30

    プロジェクト内ミーティング、各担当の進捗状況確認、資料作成

  • 12:00

    昼休憩

  • 13:00

    取引先とのミーティング、進捗状況確認

  • 15:00

    開業地のマーケット調査、他社ホテル視察調査

  • 17:30

    明日以降のスケジュールを確認、退社

キャリア

  • 1990年 4月

    新宿ワシントンホテル
    宿泊課

    社会人としての基本やマナー、ホテルについて講義・フロント体験を通して学ぶ

  • 2000年 4月

    東京ベイ有明ワシントンホテル
    販売予約課 宿泊予約担当

    宿泊予約の基礎から、商品造成、旅行会社との折衝、販売セールス、イールドマネジメントを学ぶ

  • 2008年 9月

    ホテルグレイスリー田町
    開業準備室担当

    「グレイスリー」ブランドにおける初の新規開業準備を経験し、ホテル開業の難しさ、楽しさを認識する

  • 2017年 9月

    WHG事業グループ企画チーム
    新規開業担当

    新ブランド開発プロジェクトチームの責任者として、更なるスキルアップを目指す

トピック

技能コンクール

藤田観光グループでは各職種のスキル向上を図り、お客様に最高のサービスをお届けするための施策の一つとして、技能コンクールを開催しています。出場者は、各事業所から選出され、施設電気配線・ハウスキーピング・装花部門、料理部門、手話部門、サービス部門(宿泊・料飲など)といった、専門性の高いカテゴリー毎に競技を行い、それぞれの頂点を目指します。優勝者は、表彰式で栄誉とコンクールに向けての鍛錬を振返り、涙を流してよろこぶ・・・そんな熱いコンクールとなっています。

PAGE TOP
PAGE TOP