2018年04月04日

その他

【藤田観光】Nordisk Village日本第一号店「Nordisk Village Goto Islands」の開業が決定!

藤田観光株式会社(本社:東京、代表取締役社長:瀬川 章)は、ノルディスク(本社:デンマーク、代表:エリック・ヨハネス・モラー)と株式会社ノルディスクジャパン(本社:東京、代表取締役:鷲崎広信)と業務提携を行い、2018年8月に「Nordisk Village Goto Islands (ノルディスクヴィレッジ ゴトウ アイランズ)」を長崎県五島市にて開業いたします。

 

長崎県五島市は、日本の渚百選にも選ばれる高浜海水浴場をはじめとした魅力的なビーチで過ごすバケーションと、教会群からなる聖地巡礼を同時に楽しめる世界でもここにしかない観光資産を持つ場所です。また、今年「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産登録を目指しており、今後国内外から多くのお客さまが来訪する可能性のある地域です。

 

当施設は、海岸からも近く福江空港からはバス、タクシーで約30分の好立地に位置します。旧田尾小学校の校舎を改装し、フロントやカフェレストラン、客室とキッチンのついた宿泊施設として活用。グラウンド部分にはコミュニティキッチンを中心にノルディスクを代表するテントである「ヴァナハイム」と「アスガルド」を合計10棟配置します。テント内には2~4台のベッドや寛げる家具、冷蔵庫などの電化製品を設置し、快適な居住空間を提供いたします。

Nordisk Villageのコンセプトである「そこでしかできない体験」を提供するため、地元の「一般社団法人田尾フラット」とディスティネーション開発のプロ集団である「株式会社wondertrunk&co.」と協力体制を組み、着地型のツーリズムや地元食材を活用した食事など「ここでしかできない体験」を満喫していただけます。

 

当社は今後も、アウトドア空間でホテルの快適性を楽しむことができるグランピング施設「藤乃シリーズ」(2018年4月27日に静岡県御殿場市にて一号店を開業予定)と、よりキャンプに近いテント型グランピング施設「Nordisk Village」の2つのブランドを、地域やターゲット、体験価値に応じて展開し、当グランピング事業を通じて国内外のお客さまにその土地ならではの宿泊体験を提供してまいります。

 

【Nordisk Village Goto Islands施設概要】     

 

所在地:長崎県五島市富江町田尾1233

アクセス:福江空港からバス・タクシーで約30分

敷地面積:約1,500坪

客室数:ノルディスクテント10室                                      収容人員:最大40名

付帯設備:レセプション、3室+キッチンの宿泊施設、

 カフェレストラン(一般社団法人田尾フラット運営)

料金: 1泊室料 15,000円~(大人1名料金、税別)

予約開始: 2018年6月予定

開業: 2018年8月予定

img1

 

■施設イメージ

img2

 

【 Nordisk Village業務提携 概要】

 

・日本における Nordisk Villageの運営、管理

 日本でも人気を博している北欧のアウトドアグッズメーカーであるノルディスクと業務提携を行い、『そこでしかできない体験』をコンセプトに日本全国で Nordisk Villageを展開していきます。当施設では最新のノルディスクグッズを使用することができ、1年に一度新しいテントに入れ替えます。またイタリア ヴェネチアの Nordisk Villageで好評のコミュニティスペースを設置し、宿泊するお客様同士の交流の場を提供します。

 

・日本における Nordisk Villageのフランチャイズ

 日本における Nordisk Villageのフランチャイズの独占権利を当社が取得、キャンプ場へのコンサルティングや Nordisk Villageのフランチャイズ店の募集も今後行う予定です。

取材に関するお問い合わせ先

〒112-8664 東京都文京区関口2-10-8

藤田観光株式会社 広報部

 藤石 圭助 ・ 北原 靖子 ・ 塩澤ゆかり

TEL:03-5981-7703 / FAX:03-5981-7735