2021年04月28日

その他

【下田海中水族館】オウサマペンギンの名前募集

体験型水族館「下田海中水族館(所在地:静岡県下田市3丁目22-31 総支配人:鈴木 博)」では、昨年の8月1日に産まれたオウサマペンギンの名前を募集いたします。

 

令和2年8月1日に産まれたオウサマペンギンの名前募集

01

下田海中水族館では、オウサマペンギンを5羽飼育しております。そのうち、2020年8月1日にふ化したヒナが順調に育ち、無事に今日を迎えることができました。

雌雄については、研究機関に雌雄判別を依頼し「メス」であることが判明しております。今回、順調に生育していることで、ヒナの名前を募集することになりました。

 

【名前を募集するペンギンの雛について】

個体番号No.10(メス)とK-5(オス)との間で 2020年6月6日に産卵、8月1日にふ化した個体です。

最初の頃は甘えっ子でしたが、すっかり成長し、 今では親よりも大きく見えるほどです。最近では親から離れ、マイペースな様子が見られています。よく寝ころんだり、お姉さんペンギン「レイナ」の真似をして 岩の上に登ったりする姿も見られています。素敵な名前をみなさんに考えていただきたいと思います。なお、ヒナのもふもふの羽は生え変わり、親と同じようになっていきます。

<<オウサマペンギンの名前募集の概要>>

応募期間

2021年4月29日(木)~2021年5月5日(水)(GW期間)

応募方法

下田海中水族館の公式LINEアカウントにお友達登録後、ご応募ください。

記入内容【・なまえ・りゆう】

名前の決定

2021年5月15日に当館の飼育員による審査の上、決定いたします。

名前の発表

2021年5月16日に当日ショーにて。公式Web、SNSでも紹介。

その他

当選されたお客様には、年間パスポートおよび景品を進呈させていただきます。

(同じ名前の場合、抽選で1名)

 

【オウサマペンギンについて】

学名:Aptenodytes patagonicus 生息地:亜南極圏の島々 世界で2番目に大きなペンギンです。

首に鮮やかなオレンジ色をした模様があります。 また、下クチバシにもピンクまたはオレンジ色の装飾片があります。

 

<リリースに関するお問い合わせ先>

下田アクアサービス株式会社 下田海中水族館

飼育課 柏倉、都築  営業課 浅川

〒415-8502 静岡県下田市三丁目22-31

TEL:0558-22-3567/FAX:0558-22-3831

Web Address:https://shimoda-aquarium.com/