2018年05月24日

その他

【下田海中水族館】“ オウサマペンギンの産卵 ”

体験型水族館「下田海中水族館(所在地:静岡県下田市3丁目22-31 総支配人:阪本清嗣)では、オウサマペンギンが産卵しましたのでお知らせ致します。
 
「オウサマペンギン 産卵!」
下田海中水族館では、オウサマペンギンが産卵しました。今回の産卵は5月24日(木)朝の点検時に確認したものです。現在、ペンギン舎の中で足の上で卵を大切に温める様子を観察することができます。
卵を温めている様子はいつでもご覧になれますが、ふ化するまで温かく見守ってください。
オウサマペンギンは、繁殖期になるとペアを作り1個産卵します。特定の巣は作らず、足の上に卵を乗せお腹のだぶついた皮(抱卵嚢)をかぶせて温めます。ふ化するまでの約54日間夫婦で交代しながら抱卵します。

【オウサマペンギンについて】
学名:Aptenodytes patagonicus
英名:King penguin
南極大陸周辺の島々に生息。
成鳥の大きさは約80cm、体重は約16kg。

img1

<< 抱卵中のオウサマペンギン >>

<リリースに関するお問い合わせ先>
下田アクアサービス株式会社 下田海中水族館
飼育課 都築、伊藤、柏倉  営業課 浅川
〒415-8502 静岡県下田市3丁目22-31
TEL:0558-22-3567/FAX:0558-22-3831
Web Address:https://shimoda-aquarium.com/