2018年05月15日

サービス

【ホテル椿山荘東京】5/11、ホテル椿山荘東京で2018年蛍の初飛翔を確認!

東京は“今”が見頃!期間中約1万匹の蛍観賞を5月中旬~
60年以上続く伝統イベントをディナーブッフェやステイプランなどとあわせてお楽しみを

img1

ホテル椿山荘東京(東京都文京区・総支配人:和泉 浩)では、5月11日(金)の晩に、本年最初の蛍が光り舞う様子を目視で確認いたしました。
東北などでは七夕の頃に舞うため、夏に飛ぶイメージの強い蛍ですが、東京では『初夏の風物詩』として、今年も5月から7月初旬にかけて幻想的な蛍の光をお楽しみいただけます。
光を放ち、弧を描くように飛翔する神秘的なゲンジボタルの舞は、特に、風がなく湿度が高い夜によく見られると言われています。ホテル椿山荘東京の庭園では、ちょうどディナーの20時~21時頃が観賞のおすすめ時間。木々の間から見られる光の軌跡や会話をするかのような多数の光とともに聞こえる涼しげな沢の音など、東京にいることを忘れてしまいそうな非日常の時間をお過ごしいただけます。
 
「ほたるの夕べディナーブッフェ」や、蛍の情景を表現したレストランでのディナー、5月に限定開催する「シャンパンガーデン in Green」の後に、客室でのお休みの前に、庭園での蛍の煌きをどうぞお楽しみください。

なお、幼虫が陸に上がってから初飛翔までの日数は、日々の気温が関係しているのではないかというミステリアスな仮説「500度説」(※)があり、ホテル椿山荘東京では、2018年もこの仮説を検証する観測を行いました。結果、500度に達した5月6日から5日後、588度の時点で初飛翔を確認いたしました。

img2

蛍の飛翔の様子はこちらからご覧いただけます。
■蛍の舞 https://www.youtube.com/watch?v=ZtNBUIWWZfk
 
「ほたるの夕べ」詳細はこちら
■URL https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/event/news/395ac717c876cec.html
(ブッフェ、イベント、レストランディナー、ステイプランなど)

img3

5/18~7/3 「ほたるの夕べ」期間中おすすめのブッフェ

 蛍観賞の前に、皆様で和やかに楽しむディナーブッフェをご用意いたします。毎年好評のローストビーフは目の前でお取り分け、海の高級食材の「鮑料理」を王道のオイスターソース煮込みや、ミニ鮑丼などで楽しむメニューを心ゆくまでご堪能いただけます。
 
■詳細: https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/event/plan/805a7a5707c8487.html
 
『ほたるの夕べディナーブッフェ2018 ~記憶に残る、特別な日~』概要
ご予約・お問い合わせ03-3943-1140(9:00~20:00)
■期間  :2018年5月18日(金)~7月3日(火)
■会場  :ホテル椿山荘東京 プラザ・タワー宴会場
■アクセス:住所:東京都文京区関口2-10-8
      JR目白駅より都バス・タクシー 約10分
      東京メトロ有楽町線江戸川橋駅1a出口より徒歩約10分
■時間  :食事 19:00~21:00
      ※受付はお食事の約30分前より開始いたします。
      ※食事時間は日により18:00~20:00、18:30~20:30、19:30~21:30開催の場合がございます。詳しくはお問い合わせください。
■料金  :大人    (月~木)9,800円 (金土日)10,500円
               小学生    (月~木)4,300円 (金土日)4,500円
               幼児(3歳~) (月~木)2,300円 (金土日)2,500円
■メニュー:料理/和洋ブッフェ
飲物/フリードリンク(赤・白ワイン、ビール、ウイスキー、焼酎、ソフトドリンク)
 
※お食事会場から蛍の観賞はできません。
※蛍は気象条件により、ご覧いただけない場合がございます。
※ブッフェは最少催行人数に満たない場合、および会場都合により中止することがございます。
※仕入れ状況により、メニュー内容が変わる場合がございます。
※写真はイメージです。

img4

■蛍の季節にも「シャンパンガーデン in Green」を限定で開催

 “夏”限定で開催の「シャンパンガーデン」を、今年も夏に先駆けて5月にも開催いたします。きらめく新緑が爽やかな季節、空中庭園でシャンパン片手に過ごす夕暮れ時は格別です。この季節にふさわしい、緑の食材を揃えたオードブルとシャンパンを存分に楽しんだあとは、蛍の飛翔が期待される庭園散策へ。優しく舞う蛍を眺める時間まで、日々の喧噪をひととき離れる優美な時間をお楽しみください。
 
■詳細:https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/event/plan/265a9608653461b.html
 
『シャンパンガーデン in Green』概要 
     ご予約・お問い合わせ03-3943-5489(9:00~20:00)
■期間 :2018年5月18日(金)、19日(土)、25日(金)、26日(土) ※事前ご予約制

■会場 :ホテル椿山荘東京 ホテル棟5階  空中庭園「セレニティ・ガーデン」       ※雨天・強風の場合は、カフェ「フォレスタ」等へ ご案内いたします。

■アクセス:上に同じ

■時間 :17:00~20:00 (入店時間から90分間のフリーフロー)       ※お席は2時間制       ※最終入店は18:00迄

■料金 :10,000円 ※消費税・サービス料込み

■メニュー:

◇4種のシャンパンフリーフロー: 「モエ・エ・シャンドン」「マム・グラン・コルドン」「ニコラ・フィアット」「テタンジェ」 他ビール、ワイン、各種カクテル、ノンアルコールドリンク

◇「モエ・エ・シャンドン アイス アンペリアル」お一人様1杯

◇新緑のグリーンをイメージしたオードブルプレート

img5

※)蛍初飛翔までの仮説「500度説」を検証

蛍の初飛翔について2010年から「500度説」という仮説を検証する観測を行っています。ゲンジボタルの幼虫は水生で、幼虫が陸に上がるのは、桜(ソメイヨシノ)が散る頃の雨の夜が多いと言われています。
上陸の翌日から「1日の平均気温」を積算(加算)し、500度に達した時に、蛍の初飛翔が観測できるという説が「500度説」です。なお検証を始めた2010年から2014年までは、ほぼ「500度説」通りに初飛翔が観測。(2013年は温度計の故障により欠測)以降、2015年、2017年は600度を超えての飛翔という結果でした。
 
2018年は4月7日に上陸、5月6日に500度に達してから5日後の5月11日、588度での初飛翔となりました。
温暖化が影響しているのか2010年頃と比べると500度に達する日が1週間ほど早くなっており、これも、近年の500度を越えての飛翔に影響しているかもしれません。引き続き検証します。

■参考:ホテル椿山荘東京とは

 ホテル椿山荘東京は、都心にありながら、森のような庭園の中に建つホテルです。「世界をもてなす、日本がある。」をコンセプトに、美しい自然の中で、日本のもてなしの心と、世界基準のサービススタンダードをご体感いただける空間や時間をご提供しています。
 267室の客室では、第二の我が家のようにお寛ぎいただけるよう充実した機能やアメニティを備えるだけでなく、都心のパノラマ、またはガーデンビューをご堪能いただけます。そのほか、庭園内や館内の9つのレストラン、自然光を感じられる直営のスパ・トリートメント施設、最大2,000名様までご利用いただける大会場を含む38の宴会場、チャペル・神殿、理・美容室、フォトスタジオなどを完備しています。  散策できる広大な庭園には、国の有形文化財の三重塔や茶室、史跡があり、また春の桜、きらめく新緑、初夏の蛍、夏の涼やかな滝のしぶき、紅葉、雪景色の中の椿と、四季の風情が東京にいることを忘れさせる特別なひとときをお過ごしいただけます。
ホテル椿山荘東京は、ジャパンブランドのホテルで唯一「ミシュランガイド東京」にて最高ランクの5パビリオンのご評価を11年連続でいただいております。「フォーブス・トラベルガイド」が発表した格付けの「ホテル部門」・「スパ部門」では、おかげさまで名だたるホテルが並ぶ4つ星を獲得できました。また、特に最高級の施設とサービスにより、記憶に残る体験を提供するホテルとして認められ「プリファードホテルズ & リゾーツ」の「LVX Collection」に加盟いたしております。

本件に関するお問い合わせ先

藤田観光株式会社 ホテル椿山荘東京 マーケティング課 担当:大野・眞田

TEL. 03-3943-5506(直通)FAX. 03-3943-1172 Email:pressroom@hotel-chinzanso.com