2017年02月03日

旅へ出発する

鎌倉期執権北条氏常盤亭跡

2017_02_03_01撮影:[神奈川県]一戸 良成さん

 

私達日本人の目が既成的に写し出された物を評価に値するという観念をもってから久しくなります。「日本の宝」≒「国宝」・「観光資源」的思考が一般的な所以です。史跡に立ち、鎌倉期の武士の世でも執権邸では“寝殿造り”の池泉に平安朝の廻廊を追想した殿舎を配し、土塁・空掘で囲ませた外に武骨な矢倉門を出入るする御家人達の姿を想像できる数少ない史跡こそ「日本の宝」と考えます。

2015年1月(鎌倉市・北条氏常盤亭跡にて)

 

 

みんなが見つけた未来に残したいニッポン

世の中にはすぐれた観光ガイドブックがたくさんあり、どれもわかりやすく、楽しそうに、観光地や名勝が魅力的に紹介されています。「でも、ちょっと待てよ」。ガイドブックには載っていないけれど、素晴らしい場所や感動的な景色がたくさんあることを、国内各地で様々な施設を運営する私たちは肌で感じていました。そこで創立60周年を記念して、「あなたが見つけた日本をシェア 夢の60時間プレゼントキャンペーン」を実施し、みなさんより、たくさんの“日本のお宝”をご投稿いただきました。旅先で、これらの景色を見に、ちょっと足をのばしていただけたらうれしいです。

日本のお宝風景200 [PDF]