藤田観光株式会社

|| 環境衛生に対する取り組み

藤田観光グループでは、新型コロナウイルス感染症への対策として、新たに制定した「環境衛生方針」に沿い、 ソーシャル・ディスタンスを確保した接客や館内の清潔など、高度な衛生環境の提供に向け、取り組みを強化しております。

 

 

《 環境衛生方針 》

当社の事業に関わる環境衛生を包括的に管理運営することで、お客さまに安心してご利用いただける高度に清潔・衛生的な施設を提供すると同時に、高品質のサービスを提供することに貢献します。

 

《 具体的な取り組み 》

◆清掃、消毒の徹底

ロビーなどの共有エリアにおいて定期的に清掃・消毒・換気の頻度を高めることで、安全な環境を提供します。

    

客室は、特に触れる機会の多い箇所であるスイッチ、椅子肘掛、ドアノブ、引出の取手、リモコンなどを重点的に清掃・消毒をしております。また、清掃後は「清掃・消毒済」であることが分かるような表示を検討します。

    

◆ソーシャルディスタンスの確保

案内掲示や誘導ロープの設置、家具の撤去などをおこない、ソーシャル・ディスタンスを確保しています。また、レストランや宴会場では、テーブルの配置や座席数の変更を行っております。

    

◆飛沫防止の対策

透明なアクリルボードやビニールカーテンを設置しております。

◆接触機会の削減

ルームサービスなどのお届けについては、お部屋前までに留めるなど、極力、お客さまとの接触機会を回避するサービスの提供方法を検討します。また、婚礼のお客さまへの事前予約・打合せのオンライン化など、コンタクトレスを推進していきます。

    

◆ブッフェの提供方法変更

プレートサービスやスタッフによるお取り分けを主にしたサービスをご案内しております。

◆デジタル技術や最新テクノロジーの活用

一部ホテルで導入中のマイナスイオン発生装置を順次拡大するとともに、新たに除菌機能がある清掃ロボットの活用など最新技術の導入を検討します。

スマートフォンアプリ、デジタル技術を利用し、チェックイン、チェックアウト、部屋鍵の開閉錠など、非接触で対応できるよう順次施設の改修を検討します。

    

客室設置のご案内やレジカード、領収書、食券などの紙媒体の削減、キャッシュレス化などのデジタル化および、レストランでのメニュー表のデジタル化、カスターセットの除菌、テーブル上の事前セットを行なわないなど運営方法の見直しを検討いたします。

◆従業員の取り組み

環境衛生について新たにトレーニングを受けた者を「環境衛生スーパーバイザー」として任命し社内体制を強化いたします。

全スタッフのマスク着用および、手指消毒、手洗い・うがいの徹底いたします。
出勤時の検温・健康チェック および 体調不良者の出勤制限をいたします。

 

 

環境衛生方針とコミットメント、「環境衛生スーパーバイザー」の配置に関するお知らせはこちら [PDF]

藤田観光株式会社