藤田観光株式会社

環境への取り組み

省エネ対策

お客様の快適はそのままに、エコは技術を活用します。
社会、そして未来のために。

CO2削減 これまでの取り組み

<これまでの取り組み>
  • LED照明・高効率照明の採用
  • インバータ安定器の採用
  • 断熱ジャケット・フィルムの採用
  • ポンプ・ファンのインバータの採用
  • エコキュートによる低温温泉の活用
  • BEMSシステムの導入によるエネルギーの見える化
  • 節水シャワーヘッドの採用による節水
  • 冷温水発生機のシステム改修
  • コージェネレーション設備を高効率型へ更新
  • 客室不在時の、空調・照明の自動省エネ運転装置の導入
  • クーリングタワー効率向上(アクアクリスタルリング設置)
  • 冷凍庫・冷蔵庫の最新型への更新
  • IPMモーターの採用
  • 省エネ型エコポンプの採用

上記のように様々な省エネ装置の採用、導入を進めCO2の削減に取り組んでまいりました。
平成28年においては、引き続き上記の取り組みを続けるともに新しい技術の研究・導入を実施すべく取り組んでまいります。

【CO2排出量の推移】

グラフ:年度別全社CO2排出量推移

平成23年度以降は原子力発電所の稼動数の低下、仙台・広島ワシントンホテル等の新規開業の要因により、排出量が増加しておりますが、平成26、27年度は上記取り組みの効果によりCO2排出量を削減することができました。今後も引き続き排出量削減に向けて取り組んでまいります。尚、上記CO2排出量は各電力会社発表のCO2排出係数を該当年度ごとに用いて算出したものです。